2005年11月16日

恋ではなくとも(36歳)

伴侶を失い、俺は一人身となった。
さすがに暫くは何もする気が起きずぼーっと過ごす日々

暫くして俺の視線がある方に向かう。
その方はアルエイトさん。
亡くなった伴侶の恋人であった人。
実は過去にも視線を送ったことがあるんだ。

これは恋心じゃないとすぐに分かった。

同じ人を愛し、同じ日に同じ悲しみに胸を痛め
それなのに俺を気遣ってくれたアルエイトさん

もっと話をしたいと、もっと近づきたいと思った。
それがピーポー荘システムでは恋心と判断されたのだろう。

この恋に似た別の感情は受け入れてもらえるのだろうか…?
posted by くくーる桃味 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。