2005年11月09日

3度目の双子(29歳)

11人目、12人目の子マーレとハディートが誕生した。
そう、3回目の双子出産だ。
ある方から視線を頂いた気もしたけれど、俺はすぐに身篭ってしまいそれっきり。
幸せそうなご夫婦の破局が続いて、俺も少し動揺していたから落ち着く為にも
子供ができてよかったと思う。
寒くなってきたしコタツを購入。
法皇のお仕事は大変なのかな。最近のチャゴすん王子は少し元気がないように思える。
だからコタツ…。家でくらいリラックスして休めるようにとね。

ペットのモモパンダはいろんな余所様のペットの元へ遊びに行ってる。
ご迷惑はおかけしてないかな?
posted by くくーる桃味 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

妊娠と昇進(28歳)

11人目の子を身篭った。仕事も有名シスターに昇進。
そろそろ寒くなってきたし、暖房器具の準備をしないと。
冬か…子供達が風邪ひかなきゃいいんだけどね。
posted by くくーる桃味 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

慣れたもので(27歳)

10人目の子はカラッチ。
臨時ボーナスも貰ったりした年だった。
妊娠が続き仕事にあまり行く事のできない俺は簡単なバイトをしていた。
チャゴすん王子は無理しなくていいよと言ってくれるけれど
体動かしてた方がいいと思うしね。
posted by くくーる桃味 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

10人目(26歳)

順調に俺は10人目の子を身篭った。
…これだけ。変化のない日々って日記に困るな。
でもそれでいいと思う。
posted by くくーる桃味 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

それが何よりの幸せ(25歳)

9人目の子はレナ。可愛い女の子だ。
既に大きくなった上の子達が面倒を見てくれるので
俺はチャゴすん王子とデートに出かける。
トロルの迷宮・リブルアーチ。場所は様々。
ゆったりとした幸せな時間を俺は楽しんでいた。

気付けば25歳。人生も半分を過ぎた頃だろうか。
願わくば、こんな時間が最期の時まで続きますように…。
posted by くくーる桃味 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

変わりなく続く日常(24歳)

連続の双子に驚いている間もなく、俺は9人目の子を身篭った。
7回目の妊娠。受同士なのに全て俺。
その辺りに関してはもう気にしない事にした。
いつかはチャゴすん王子が身篭るかもしれないし、
俺がずっと産み続けたって構わない。

産み続けるといえばマル膳さんとマルチェロ*3さん。
俺達とは逆の攻同士の夫婦だ。
こちらのご夫婦も俺達と同じく一方のマル膳さんが産み続けている。
俺はこのままでいいんだけど、そちらのご夫妻は双方の妊娠を希望されているんだ。
どうすれば*3さんに妊娠して貰えるか。
その相談に乗ったりして日々は穏やかに過ぎてゆく。

喧嘩もしたりするけれど、それは一時的なこと。

穏やかで変化がないことを退屈ではなく幸せなのだと実感するのは
大概、それを失った後なのだろう。
だけど人生の初期で激動の時間を送った俺は今が幸せだと感じていた。

次に産まれてくるのはどんな子かな。
何度でも身篭って、そんな事を考えられればいい。

続きを読む
posted by くくーる桃味 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

連続双子誕生(23歳)

次の子も、双子だった。

これにはチャゴすん王子も驚いていたし俺の身を今まで以上に案じてくれた。
当の俺は全然平気だったんだけどね。名前はアンディとセリス
初めての女の子も授かった。
男の子でも女の子でも嬉しい事にかわりはないけれど、
初めての女の子はやぱり特別かな。
勿論二人とも同じくらい愛して育てるよ。

posted by くくーる桃味 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

双子誕生(22歳)

いつもと違う感じに不安はあったものの俺は無事出産を終えた。
何故か二重に聞こえる産声

5人目の子は、6人目の子と一緒に産まれて来た。双子だったのだ。
名前はクーパスとセシル。
双子の子育ては今まで以上に大変かもしれないけれど
王子と一緒に頑張ろうって決めた。


そうしてすぐに次の子も身篭ってしまった。
一緒に頑張る筈だったんだけどね…。
posted by くくーる桃味 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

変化(21歳)

なかなか子供が出来なかった日々が嘘のように、俺は5人目の子を身篭った。
5人連続で俺。いつかチャゴすん王子が身篭る日も来ると思うけれど
法皇のお仕事を休むのは大変だと思うから、
出産にも慣れてきた俺が産み続けてもいいんだけどな。
だけどそれは俺がコントロールできる事じゃないから、神様のお導きのままに。

しかし今回はいつもと少し違う気がする。
いつも以上に体が辛いというか重いというか…。
心配はかけたくないから口には出さない。

posted by くくーる桃味 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

小さな結婚式(20歳)

ハロウィン当日。神様から送金のプレゼントがあった。
俺はそのお金で買ったお菓子を皆に配っていたりした。

悪戯好きの3番目の子、ホンダラは昨日調子に乗って外で走り回った為か
鼻をぐずぐず言わせていた。
妊娠中の俺に風邪がうつったら大変だからとチャゴすん王子が面倒をみてくれている。

俺はいつも通り食事の支度をはじめた。
ようやくホンダラをおとなしくベッドに寝かせたチャゴすん王子がこちらに来る。
「ご苦労様」
「ねぇ、これを受け取って欲しいんだ」
「うん?」
俺はてっきりハロウィンのお菓子か何かと思い軽い気持ちで左手を出した。

その上に乗せられたものは

「!これ…」
「いつも君には迷惑かけてるから…」
その手にはシルバーのリングがあった。
安いものではない。ハロウィンだからというわけではなさそうだ。
「そんな…俺の方こそいつも迷惑かけてるのに…待ってて!」
チャゴすん王子の止める声も聞かず部屋を飛び出し馬車に飛び乗る。

帰ってきた俺の手にはゴールドのリング
「もう1度指輪の交換しよう?落ち着いて結婚式も出来なかったから…」
「そうだね」

そうして俺達は2度目のリングの交換を行った。
その後のキスをトイレに起きてきたホンダラに見られてしまったのは失態だったけど。
…小さいから分からないかな?そうであって欲しい。

その日、4人目の子ブロキーナが産まれました。

posted by くくーる桃味 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。